芸能・アイドル

2011年10月30日 (日)

ももいろクローバーZ

唐突ではございますが。

私は失恋や別離を題材にした歌が大嫌いです。

失恋や別離とか不倫って、メランコリーで悲しみにひたっちゃうから、

メロディーが作りやすいのか、

ヒットしている歌もすごく多いのですが。

・・・何が悲しゅうて、あえてそういう暗い歌を聞かねばなりませんの?


201110060759000


そんなわけで。私のiPodには、その手の曲がほとんどございません。

今年は試験で忙しく、POPSを補充しておりませんでした。

「最近、気分をアゲる曲が少ないなぁ」と、思っていたところ、

ちょうど、今月のSPURという雑誌で、

ももいろクローバーZ」の特集をしておりました。


皆様、このアイドルグループのことをご存じなのではないかと思いますが。

私は知りませなんだ。

・・・くどくてすみませんが、私の家にはTVが無いから。

SPURの特集は、歌にあわせてダンスを踊ろう、というものでした。

振付が細かく写真入りで載っているんです!

201110240153000


(雑誌を撮影したものですので、問題がある場合はコメント下さいませ。

その際は写真を削除させていただきます。)


ももいろクローバーZ」は「アスリート系」と呼ばれます。

動きが激しいんです。跳躍もすごいんです。

なので、そのアイドルダンスを踊るというのは、ちょっと無理めなものがある。

そして、土曜日、スタバで勉強してきた帰りに、

TSUTAYAで借りてきました、彼女達のCDを。

レンタルは5枚で1,000円なのです。他に、左のCDも借りてきました。

201110292206000


DJ OZMAだ。だって、曲のノリが良く、明るいでしょ、きっと。

貸出が1泊2日なものだから、日曜日になった深夜に返却。

行き帰りの車の中で聞いてみましたよ。


DJ OZMAの方が、やや(?)ご年配の分、歌がとても上手ですね。

(すごく、当たり前ではございますが)

それで、歌詞がそのう・・・つまり、アレがしたいのね・・・露骨だなぁ。


一方、純情・アスリート系アイドルグループの

ももいろクローバーZ」の方は、爽やか~に、それ系統の歌詞は一切なし。


どっちが良いというものではなく、単なる好みなのでしょう。

歌って奥が深いですね。

普段、歌をあまり聞かない私は、そう思いました。

=ジャスミン=

| | コメント (0)
|

2010年7月25日 (日)

「綾小路きみまろ」のCD

7月22日の木曜日。

水泳教室の帰りにTSUTAYAへ寄って、

綾小路きみまろのCDをかりてきました。

201007241706000_2

ライブ集の第2集は前に聴いたので。

今回は残りの第0集、1集、3集をレンタル。

でも第3集の中身は、ほとんど文庫本で読んでしまっておりました。

この方のトーク、毒舌ではありますが。

「個人を尊重している」がゆえの、深い洞察があるように思います。

ふだん接する人達の人格を尊重し、愛しく見つめつづけないと、

あのような笑いは生まれない、と思う。

お下品だの何だの言われようが。結構スキ。。。

本当はリラクリゼーションのCDもかりたかったのですが。

α波が出てる種類のを。

でも根こそぎレンタル中で。棚から消えておりました。

5枚1,000円でのレンタルですからねぇ。

考えることは、皆同じ。

=ジャスミン=

| | コメント (0)
|