« 大胆な矢印 | トップページ | (動画)西村まゆみのYou Tube動画のご紹介(苫米地式美人コーチ・西村まゆみ) »

2014年5月21日 (水)

小山嵩夫クリニック(東京・銀座)

本日、私は小山嵩夫クリックの勉強会に参加してまいりました。
DCF00003 2

小山先生は、銀座1丁目で開業なさってます。
真新しいオフィスなのです。
診察自体はお一人様2分程度でなさっているのだそうです。


実は昨年、小山先生の勉強会に一度私は参加しておりました。
ポスチュア・ウォーキングのKIMOKO先生が 
「私、ホルモン治療のモニターやっているの。
小山先生、すごくいいわよぉ」と、誘って下さったのです。

「主張はデータがあってナンボ」と、言わんばかりのクールな態度。
細身で物腰は柔らかく、素敵な先生です。
銀座にオフィスを構える。
それが、小山先生の気概なのでしょうね。
DCF00002 3


実際、著書を拝見すると、
海外の論文にも目を通す積極性&プライドがヒシヒシと
伝わってまいります。

ホルモンの治療は、年間で約20万円。
内訳は人間ドック的な細かな診断に15万円、
ホルモンの薬剤の処方に5万円、なのだそうです。

ホルモン剤は、日本では利幅が少なくて処方単体では採算がとれず、
残念な状況のように拝見します。

ホルモンについては、日本の行政の理解がイマイチなのだそうです。
予防治療の領域ですから。

でも、データは衝撃的ですよ。
ホルモン剤を飲まない場合、女性はコラーゲンが急激に下がるのです。
データが示す結果は、あまりにも無惨です。10年でほぼ供給ゼロになる。
「がび〜ん」


男性はこうはならない。女性ならではなのです。
あまりにも露骨なデータに、
去年からショックを受けまくりのワタクシです。

あのですね。
「美人コーチ」をうたっている以上。
キレイでありつづけたいのではございますが。
更年期にまつわる女性の体調の変化というのは半端ないのです。

「200ミリリットル、女性は水分を毎年失っていくのです。
1年では少ないと感じるかもしれませんが、10年で2リットルです。
『ひからびていく』レベルと捉えていただいてもよろしいと思います

地球は乾燥させる惑星です。
水分を十分に摂取しつづけないと急速に肌から水分を奪い続ける。

とにかく水分補給、タンパク質をたっぷり。
野菜はいいですけれども・・・健康に良いという程度でして。

骨密度も、結局のところはタンパク質なのです。
骨の主要な部分はタンパク質。

歳をとると、食が細るところを意識して、
水分とタンパク質をとるように、するか、しないか。
その意識の差は、率直に計測のデータに現れます。」

とのこと。 ううむ。
もの静かに圧倒的なデータで理知的に、
かつ短時間でご説明なさる小山先生でした。
ホルモン剤の多くは先進国・アメリカ製なのだそうです。
=まゆみより= 

|

« 大胆な矢印 | トップページ | (動画)西村まゆみのYou Tube動画のご紹介(苫米地式美人コーチ・西村まゆみ) »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大胆な矢印 | トップページ | (動画)西村まゆみのYou Tube動画のご紹介(苫米地式美人コーチ・西村まゆみ) »