« 憲法改正に仕掛けられた4つのワナ(苫米地英人) | トップページ | 本日はハロウィン(東京・六本木) »

2013年10月28日 (月)

リンクス・オブ・ロンドンのピアス

先日、カラー・コーディネートのカウンセリングを受けて、

オススメされたのは、シルバーカラーで、パヴェの無色の石が入った

ピアスでございました。

本物は高いので、少しグレードを下げたもので探すことになります。

私がデパートと表参道を、ウロウロと探し回って、ようやっと購入したのがコチラ。

Dcf00014

リンクス・オブ・ロンドンのホープ・エッグ・イヤリング。


決め手は、耳に挿す金具の部分。華奢で女らしいんです。

ぶら下がりの部分が大ぶりなのですが、上品なのです。


このデザイン、知っている方が多いと思います。

イギリスのキャサリン妃が王子との婚約会見でつけていたイヤリングだから。


以前、私はこのブランドの

「ラブノート・ホワイトサファイア・シルエットイヤリング」を買い、

ワンピースでおめかしした時に、しょっちゅう着けております。

使いやすいのです。チェーンの部分が頬にあたっても気にならない感じで、

とても造りがよろしい。


今回のピアスも、ぶら下がり部分が揺れても、音が気にならない。

個人的な好みなのですが、このピアスを着けてルンルンしてしまいました。

=ジャスミン=

|

« 憲法改正に仕掛けられた4つのワナ(苫米地英人) | トップページ | 本日はハロウィン(東京・六本木) »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 憲法改正に仕掛けられた4つのワナ(苫米地英人) | トップページ | 本日はハロウィン(東京・六本木) »