« Napule(ピザ 東京・青山) | トップページ | ホテルニューオータニのガーデン・チャペル(東京・赤坂) »

2013年7月24日 (水)

ツール・ド・ヨーロッパ2013を走り終わった後の感想

ツール・ド・北欧を走り終わったワタクシです。

長かったのです。10カ国・約2,500キロの旅。

帰国してすぐにも、スタッフの方に感想を書いてお伝えする場がありました。

実は、今朝も改めて感想を書く機会があり、気がついたことがありますので、

当ブログをご訪問いただいている皆様にもお伝えできればと思いました。


私が今回、北欧を走りたいと思ったきっかけは、昨年にイタリア800キロを

走ったからです。

イタリアに行く前の丹後半島の合宿で、たぶんこんなに面白い体験は、

800キロ・1週間では足りない。そのように感じておりました。

やっぱり、1ヶ月くらいはかけて、ガッツリ走って楽しみたい。


だから、北欧を走る前も最中も。他の走者の方の中には、

「自分を変えるきっかけにしたい」とか、「他の人への貢献」とか、

そのように言う方もいらっしゃいましたが。

私の思いは内心、「しゃらくせえ」だったのです。お下品でごめんなさい。


いえね。ツアーの経緯から、どうしたって、ジェームス・スキナーさんの

メガ・イベントの、あのノリとカラーを引きずる格好にはなりますよ。

でもね・・・私はとにかく走ってスッキリしたかったのです。楽しみたかった。


結果。挑戦してみてよかったです。

ブログを追っていただければお分かりのように、他の方との共同生活で

色々と不満があったり、弱い部分も出たりとしましたよ。

でも、楽しかった。


他の走者やサポートスタッフの方と長い時間接することで、

自分の内面を見直したり、将来についても考えます。

私の中で、色々と変化があったようです。

考え方が柔軟になったようにも感じています。


その一方で、固くより強化された部分もありました。

「大事な人や物事に、より自分の時間・行動・お金などの資源を集中したい」と、

思うようになりました。

特に、大切な人には、その人の時間を奪うようなことなく、

一瞬やそのすごす時間を大切にしたい

無駄は頑張って省きたいと思う。

Dcf00016

湿布にかぶれて、日焼けでかぶれた部分は、だいぶ治ってきました。

腫れで段差になっている部分はとれたのですが、

脚のむくみがまだ一部とれてません。肩の打撲もまだ少しだけ痛い。

ものすごく身体に負担がかかっていたのです。

でも、ツアーの最中は一生懸命で、痛みを感じても自然と耐えられていました。

そういう過度の負担を体験したのも、マゾ的ではありますが面白かったです。


ぶっとびな体験をすることは、人生の幅を広げます。

キラキラした体験ができて、素晴らしかった。そのように改めて思いました。

当ブログで、ツール後にどのようなものに私が時間や資源を投じているのか、

今後、徐々にお伝えしていけることと思います。

=ジャスミン=

|

« Napule(ピザ 東京・青山) | トップページ | ホテルニューオータニのガーデン・チャペル(東京・赤坂) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

いつもブログ楽しみに拝見しています^^
そしてツアー、改めてお疲れ様でした!

今の症状からすると、肝臓ケアすると、回復早いと思いますよ☆むくみも日焼けも、
肝臓ケアが早いです。
牛黄か、漢方薬(ショウサイコトウ)辺り、少し入れるといいかと思います。

ブログ更新また楽しみにしていますね〜!

投稿: はる | 2013年7月24日 (水) 16時00分

はるさん、コメントをありがとうございます☆

漢方ですか。専門的なお話をありがとうございます。六本木に漢方の薬局があるので、きいてみることにします。

投稿: Jasmine | 2013年7月24日 (水) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Napule(ピザ 東京・青山) | トップページ | ホテルニューオータニのガーデン・チャペル(東京・赤坂) »