« ポーランドでの夕食(6月13日) | トップページ | ポーランドのクロスワードパズルの雑誌 »

2013年6月14日 (金)

ツール・ド・北欧19日目(ポーランドからドイツ入り)

おはようございます。今朝の天気はあいにくと雨。寒いです。

昨日は、強風にあったのと、道路に路肩がないから緊張していたので、

体が相当にこわばっていたようです。

昨晩は午後9時から爆睡。でも、今朝は疲労がたまっているのを感じます。


本日は、ドイツ入り。ポーランドのスタルガルト・シュチェチンスキを出て、

ポーランドの国境近くにある大きな街、シュチェチンを経由し、

ドイツの北部、湖畔沿いの町、ウェッカーミュンデに到着しました。

100キロちょっとの走行なのに、とても疲れました・・・


朝は雨上がりの道を、体がずぶ濡れになりながら走行。

向かい風に左横からの風。

そして、道はダートになり、ついには自転車を背負って森をテクテク。

Dcf00004_4_2

(写真はテクテクしている最中。森の中。いちおう道だが、茂みの中。)


幹線道路が横に見えてはいるのだけれども。入る場所がない。

結局、金網が破れているところを一人一人くぐって、幹線道路に復帰。


着いたシュチェチンの街はでかく、なかなか抜けない。

路面電車の線路がたくさんあって、とても緊張した。

昼食時には再び雨。昼ご飯は立ち食い。

走者は昼休みの時点で、すでにぐったり。

Dcf00008

(写真は昼ご飯をとった公園)

すんなりと国から出させてくれないポーランドなのでした。

・・・今回の自転車ツアーは、色んな部分で変なツールだ。

後になって、語れる部分がたくさんある。

3_3

昼ご飯後にドイツ国境に到着。粋で背の高いおじいちゃんライダー2名と遭遇。


「ドイツになると、道が綺麗になるのでは?」と、思うでしょう?

間違ってはいない。たしかに正しい。

でも、石畳だったのです。左2メートルが石畳で右1メートルがダートの道。

石畳部分を平気で綺麗な路線バスが通りすぎるのですが。

自転車で石畳は辛い、辛すぎる。体がガクガク揺れる。

だから、右横の柔らかいダートの道を、緊張しながら通ったのです。

それでも、だいぶ石畳の上を走ったよ。

・・・ドイツの道のバカ。ここは北の田舎なのです。しょうがないんですが。

Photo_3

ようやっと着いたウェッカーミュンデ。

引率のいわっき〜も、コーチのKさんも、走者も、皆ぐったり。

ああ、ようやっとのドイツ入りです。

本日泊まっているホテル。

Photo_10

ここからドイツの北部を海沿いに北上し、

デンマークから対岸のスェーデンに船で渡る予定です。

今回のコースは、地図上でUの字を描きます。

(追伸・その1)

ドイツのウェッカーミュンデに宿泊したホテルでとったご飯。

おいしかったのです。豚肉のシュニッツェル。

Dcf00003

チーズの下に、太いホワイトアスパラガスが隠れています。珍味のたぐい。

デザート。

Dcf00004_4_3

ラズベリーのケーキがほっかほか。

個人的には、ポーランドと同様か、それ以上にドイツのご飯は美味しいです。幸せ。

(追伸・その2)

ホワイト・アスパラガスとは、こんな料理です。

Dcf00032

写真は、コペンハーゲンのソレン・コーで別の方が食べていたもの。

冷菜だったそうです。私が食べたアスパラガスは温菜。

=ジャスミン=

|

« ポーランドでの夕食(6月13日) | トップページ | ポーランドのクロスワードパズルの雑誌 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポーランドでの夕食(6月13日) | トップページ | ポーランドのクロスワードパズルの雑誌 »