« ポーランドのクロスワードパズルの雑誌 | トップページ | ツール・ド・北欧21日目(ドイツ・シュトラールズントからロストック) »

2013年6月15日 (土)

ツール・ド・北欧20日目(ドイツ・ウェッカーミュンデからシュトラールズント)

おはようございます(こんにちは)。

東欧・中欧を西進してきた自転車ツアー。

これからドイツ国内、デンマーク、スエーデンの順に北上します。

今朝はとても良い天気。


女子同士、ツンケンしてしまったお話をしましたが、

完走するという目的は同じですので、それなりに共同生活を送っております。

少なくとも、私は朝5時15分に相手の方の目覚ましで起きた後、

トイレに行かせてもらうことができるようになりました。


本日走ったのは、旧・東ドイツの地域。

発電の風車を沢山みかけます。


午前中、綺麗に整備された道路を走行したので、引率のコーチKさんは、

時速34キロから38キロとぶっ飛ばしました。

追い風になっていた、という要因もあるのですが、私は朝なのに途中で脱落して、

後方引率のいわっき〜(さん)に背中を手で押してもらいました。

復帰後はずっと離れませんでしたが、しんどかった・・・。

お昼休憩をしたショッピング・センター。

Dcf00005_3

ショッピングセンターの中にあったカフェテリアのショーウィンドウ。

Dcf00006_3

ドイツのショッピングセンターは、いままで通った国よりも品揃えが豊富です。

ドイツの人達は体が大きく背が高いので、私は再び小人になった気分。

途中で通った町。黄色い自転車の後ろ姿が私。

251172_473982976022174_698267487_n

(写真は走者のKちゃん提供)


このまま道がよければ、昨日の「ドイツの道のバカ」発言は撤回したところですが。

アスファルトをもいで工事中になっている道を走ったりしたので、撤回しません。


そして、今日のメインイベントは、「石畳の道20キロ」。

ホテルに着く前の道が、ずっと石畳。

上下にガクガクと揺さぶられます。


はじめ、ギアを軽く低速で行っていたのですが、現地のおじ様たちが

速い速度で走るのを見て、みんなギアチェンジ。

ダカダカと速く走り抜けたほうが楽なことに気がつきました。

長距離の石畳を走るのは楽しかったです。お天気も気持ち良く晴れていたし。

これぞヨーロッパでのライドの醍醐味!

Dcf00014_2_2

到着地のシュトラールズント

ホテルに着いてから夕食に出たのですが、食べ終わらないうちに土砂降り。

食べたのは、サラダと

Dcf00008_2_2

デザートのほかほかアップルケーキ。

Dcf00002_3_2

最近肉料理の夕食が続き、私は体がむくんでいるので、肉はしばらくお休みです。

石畳など状態の悪い道で体力を使ったので、夜7時前から寝ました。

外では酔っぱらいが奇声をあげてましたよ。土曜日の夜ですから。

=ジャスミン=

|

« ポーランドのクロスワードパズルの雑誌 | トップページ | ツール・ド・北欧21日目(ドイツ・シュトラールズントからロストック) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポーランドのクロスワードパズルの雑誌 | トップページ | ツール・ド・北欧21日目(ドイツ・シュトラールズントからロストック) »