« ツール・ド・北欧20日目(ドイツ・ウェッカーミュンデからシュトラールズント) | トップページ | ツール・ド・北欧22日目(ドイツ・ロストックからデンマークのキューゲ) »

2013年6月16日 (日)

ツール・ド・北欧21日目(ドイツ・シュトラールズントからロストック)

残り少なくなってきました、北欧自転車ツアー。

本日はドイツ国内をロストックに向かい西に進みます。


日曜日ですので、途中にあるショッピングセンターは車がいっぱい。

いちご狩りのビニールハウスが両側に10棟以上

ずらっと並んでいるところもあったりしました。

ドイツはやっぱりポーランドよりかは娯楽が多い。

ドイツの風景はポーランドに比べて少し違います。緑が濃い感じ。

湖水地方なので、その眺めが楽しめました。

Dcf00003_2_5

(写真は到着地、ドイツ・ロストックのホテル前の花。)

移動距離は70キロ程度だから、

昼ご飯はホテルに到着後にとります。午後の走行はありませんでした。

午後はスタッフがフェリーの切符を手配したりする都合で、

私達走者は少し観光する予定だった。

だから、本日は体力的に楽かと思いきや。全くもってそうではなかった!

なぜならば。向かい風がひどかったからです。


そして、もう一つ。

私と同室の女性走者の方の体調がよろしくなかった。

原因は寝不足です。昨晩、彼女は夜11時ごろに帰り、

12時くらいまでパソコンをさわり。なぜか朝5時に起床(私も起こされた)。

5時間しか寝ていない。

チームの列として、速度がガタ落ち。

男性走者が強風のなか、必死にサポートするのですが、前の列に追いつかない。


休憩場所のガソリンスタンドで、コーチといわっき〜から出された指示は、

「本日はロストックに着いたら、ホテルから出てはいけません。」

外出禁止令! 連帯責任で反省しなさい、ということ。


ああ、風呂入ってマッサージを受けた後の午後4時から午後9時まで

夕飯もはさんでミーティングだったのです。

恨めしや。

何が恨めしいって、私の時間をその女性が大量に奪っているってところがだ。

ぐおお。

バタバタしていて、今日は途中の写真すらとれませんでした。

Dcf00001_2_2

到着地のホテルの写真。

Dcf00002_3_2

走っている途中の景色はドイツ北東部の湖水地方らしい感じでございましたよ。

=ジャスミン=

|

« ツール・ド・北欧20日目(ドイツ・ウェッカーミュンデからシュトラールズント) | トップページ | ツール・ド・北欧22日目(ドイツ・ロストックからデンマークのキューゲ) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツール・ド・北欧20日目(ドイツ・ウェッカーミュンデからシュトラールズント) | トップページ | ツール・ド・北欧22日目(ドイツ・ロストックからデンマークのキューゲ) »