« クエン酸&BCAA(スポーツドリンク) | トップページ | TOEIC公開テスト(2012年10月) »

2012年10月20日 (土)

洗脳広告代理店 電通(苫米地英人)

昨日読み終わったのがこちら。

「洗脳広告代理店 電通」

201210190730000

私は今年の3月末日に苫米地博士出演の品川の講演会に参加しまして。

(井上先生、松宮さん、ジェームス・スキナーさんが出てた。)

その関係で今年に出た「経済大国なのになぜ貧しいのか?」を読んで、

当ブログでご紹介しました。そのちょっと前に出た本なのです。

面白くって、むさぼり読んじゃった。1時間ちょっとで読めちゃいました。

先の本もそうですが、苫米地博士の文章・文体って、本当に読みやすいのです。

カバーが凝ってまして。斜めからみると、ドクロの透かしというか、

光る模様が入っています。お茶目です。

電通は広告業界の圧倒的シェアを持っていますが、それはよろしくない、

なぜならば・・・というお話です。

いやあ、怖い怖い。知らないのはモッタイナイ。そんなお話でした。

比較広告をうつことは、消費者の利益になり、この独占状態に対する対抗手段と

なり得る、という理論が目からウロコでした。

当ブログで詳細を暴露するのに勇気がいるので・・・怖いのでやめておきます。

TV見ておバカになりたくない方は、読んで下さいませ。

=ジャスミン=

|
|

« クエン酸&BCAA(スポーツドリンク) | トップページ | TOEIC公開テスト(2012年10月) »

苫米地英人博士(ドクターとまべち)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クエン酸&BCAA(スポーツドリンク) | トップページ | TOEIC公開テスト(2012年10月) »