« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

スカイダイビング(その5)

私は「寒い空気を飛ぶのはイヤ」という単純な理由でハワイに来ちゃいましたが。

それに、ネットで検索したとき、一番アタマに出てきたのが、

ハワイのその会社だったから、ということで、

(パソフィック・スカイダイビングセンター。

取り扱いはアランワン・ドット・ネット)

201112300915000

(写真は待ち時間の間にとってもらったので、

後ろのみんなが空を見上げているのが面白いです。)

半ば衝動的に申し込みをしてしまいましたが。

わざわざ海外に行かなくても、日本でもスカイダイビングはやっております。

ぜひ、一度体験を。

人生感がかわるらしいです!

カリスマセミナー講師のピーター・セージさんと、

おなじくカリスマ講師兼・経営コンサルタントのジェームス・スキナーさんが

そう言ってましたから。きっとそうなんでしょう。

201112291408001

私の場合はどうかというと・・・よく分からない。

そんな、人生が変わるほどのものなのでしょうか?

正直にいうと、人生感がかわるという男性、繊細すぎやしませんか?

だってね。私と同じセスナで飛んでた関西からきた女性お二人は、

とても嬉しそうに、私と違って涙目にならず、無事に降下しておりましたよ。

たくましいなあ。

いや、でも。私はセスナから飛び降りる前はひどく緊張したし、

飛び降りた(というか、降下させてもらった)直後は

身体が危険にさらされる恐怖を感じました。

201112291419000_3

そういえば、会社の先輩女性社員の方を

「いっしょにスカイダイビングしませんか?」

と誘ったら、「絶対にイヤ」と強く言われた。

人間、自分の身がちょっとでも危険にさらされる行為には、

ものすごい恐怖と抵抗感を感じるもんだ!

でも、そういう抵抗感って・・・終わるとどうってことなくて、

楽しさがはるかに勝るんですよね。

これって人生に似てますか?

201112291402000

ちなみに、今年の年末に、突如として「スカイダイビングをしよう!」と

思ったのは、今年の10月&11月にジェームス・スキナーさんの

講演(東京・愛知の小牧・大阪・広島)を聴きにいったとき、

「スカイダイビングと(海への)ダイビングをしたことが無い人、

はい、臆病者!」

と言われ、「むかっ」ときたからなんですね。

立て続けに3回も言われると・・・さすがにムカムカするでしょう!

(落語の持ちネタと同じで、講演の内容がかぶる部分があるのです。)

「そんなこと無いもん!!」って。


これで臆病者を半分払拭! いえい!

え?馬鹿だ?

いいんです! 年末は馬鹿になってみてもいいじゃないですか?

おまけに、最高に楽しかった。

それでは皆様、改めて「良いお年を!」

=ジャスミン=


| | コメント (0)
|

スカイダイビング(その4)

スカイダイビングは富士山以上の高さから急速に降下しますので、

気圧の差がすごいです。

パラシュートでゆっくり降りている間、

私の左耳が「きゅうきゅう」いいます。鼻と口から空気が耳に抜けていない。

まずい。右耳が「きゅうきゅう」いっていない!

私は大学生の頃に、「ルネス金沢」というプールに行ったときに、

水が汚かったらしくて中耳炎になりまして。

(このプールつき複合施設はその後つぶれました)

鼓膜が一度やぶれちゃったのです。それ以来、気圧の変化に弱い。

忘れてました・・・今思い出した。

地上に、ふわっと、わりと良いスピードで降下します。

ジーパンのお尻をけっこうすりました。

201112301009000

(写真は別のグループが降下したところ)

そして、立ち上がって建物に向かうとき、視界にフラッシュが走る。

ちょっと、赤いものが入る。ちょっぴりフラフラする。

それはすぐ直ったぞ。

でも耳は、なかなか直りません。

結局、明るい時間帯は元に戻らなかった。聞こえてはいるのですが。

ようやっと元に戻ったのは夜になってから。

鼓膜がやぶれなくって良かった!(そのくらい痛かった)

スカイダイビングはすごく楽しいです。

外の空気を肌で感じながら、空中をかけるのって感激です。

ぜひ、お試しください。飛んだらわかる、飛んだら!

(その5に続く)


| | コメント (0)
|

スカイダイビング(その3)

セスナから出たとたん。

1回転して、なぜか青空が見えたと思ったら、

ひっくり返って、雲間からすごく遠い地上が見える。

ぎゃお! しかも加速するし。

恐怖をしばしの間 感じました。

でもね。ターミナル・ヴェロシティというのですか?

(物体はある程度からは一定の速度で落ちる、という法則)

途中から、加速を感じなくなって、怖くなくなった。

何というか・・・抵抗を感じる事というのは、

やっちゃってしまうと、そうでもないというか。

超えちゃうとどうでもよくなるというか。


楽しいです。私は黄色い叫び声が出せない女なので、叫びませんけど。

人間、本質的に「高いところが好き。」なのではないでしょうか?

バカと金持ちだけじゃなくって、普通の人も。


201112291413000

(写真はハワイ・ホノルルのビーチの近くにあった大きな木)


14,000フィートだと、フリーフォールの時間は60秒から65秒なのだそうな。

あっという間に終わり、大きなパラシュートが開きます。

あとはゆっくり回りながら降下していきます。

フリーフォールの倍以上(だったと思う)の時間をかけて、

空港敷地内に正確に着地します。

私、高所恐怖症ではないので、体が震えたりはしませんが。

緊張で涙目を通り越して、ちょっと鼻水が出てます。

そこで困ったことが発生。耳が痛い・・・

(その4に続く)

| | コメント (0)
|

スカイダイビング(その2)

スカイダイビングの感想です。


飛び降りる前が怖かった。

文字通り、涙目になりました。お恥ずかしながら。

私、緊張すると涙目になります。

各種試験の二次面接の時とかが、特にそうなのですが・・・

4,267メートルは。

当然、高層ビルよりも、富士山よりも高いんです。

アホな感想ですが、本当にそんなことを考えた。

場所はオアフ島のノースショア(北海岸)にある、ディリンガム空港(の上空)です。

セスナで雲の上に上がったよ〜ん。

写真がそのセスナ機。

201112301042001

結構、空高く上がるまでに時間がかかる。

眼下になんだか細長い半島が見える・・・

青い海に赤い土(ハワイの土は赤茶色です)。

もはや地上の構造物は砂粒のように小さい。

上空だから寒い。

緊張してくる上に、寒いとさらに体がこわばるんですう・・・


セスナには縦に2列にベンチがありまして。

すし詰めに、3組ずつ並んでくっついて座るんです。

合計6組 プラスα(一人で飛ぶ人がなぜか2人いた。)

私は一番最後に飛びました。

くっついて飛ばせてくれるのは、熟練インストラクターさん。

(5千回以上飛んでるようなベテランさん達)

私のご担当はWally(ウオリー)さんという

白髪で短パンを履いた明るいおじ様だ。


降下の前に透明なゴーグルをつけます。

私は出目なので、ゴーグルにまぶたがあたって、困るんですが・・・

さらに涙目になってるから、曇って、涙が下にたまってます。

ごそごそとゴーグルをいじっていたら、ウオリーさんが気がついて、

ゴーグルの涙をはらってくれました。


「さて、行きますよ。足を外に出して、腕を交差させて。

頭をやや後ろに倒して。では出発」


降下。ふぎゃ。

(その3に続く)

| | コメント (0)
|

スカイダイビング(その1)

こんばんは。

今日は大晦日ですね。

紅白歌合戦を見て、初詣に出かけて・・・という日です。

(追記:2011年は紅組が勝ったのだそうで。いいねえ!)

201112291400000

唐突ですが、私はただいまハワイに来ております。

お正月はオアフ島で年越しです。


ハワイは空港に降り立ったとたん、

なんだか自分が小人(こびと)になったように感じました。


・・・物体や建物のサイズがでかい!

高速道路は片側7車線ずつ、合計14車線もある。

空港のビルもやたらと広い。

無駄にデカイ。そう思うのは私だけ?

私は仕事が終わった翌日の夜にハワイへ飛びたちましたので、

ホノルルに着いたのは29日の午前中。日付変更線をまたぐのです。


飛行機が旅行会社のチャーター便でした。

ホノルルの入国管理のおじ様が

「今日はここ10年で最も忙しい日だ。

見てよコレ。8,049人だよ!(だったハズ) すごいでしょ?」


1日で8千人以上を集客するハワイって、すごいですねえ。

日本も見習わないと・・・


今日は朝から、スカイダイビングに行ってまいりました。

そう、年末は思い切ったことをしたくって、思い切ったの。

年末のぶっとび計画とは、コレのことでした・・・

本当に飛んでるでしょ?

201112301042000_2


写真は私が飛んでいるところではなく、他のグループが飛んでいるところ。

自分が飛んでいるところを撮るのは、8千円くらい手数料がかかるので、

やめておきました。(カメラマンが横で飛ぶから、代金も高い)

私の飛んでいる証拠写真がなくてスミマセン。


14,000フィート(4,267メートル)の上空で

飛行機(セスナ)から飛び降りるんです。

正確には、熟練インストラクターさんの体の前にゆわえつけられて、

飛び降りてもらう、というのが正しい。

タンデム・ダイブというんだそうです。

(その2に続く)


| | コメント (0)
|

2011年12月27日 (火)

水泳2011メートル

皆様、こんばんは。

本日は、私の通っている水泳教室が今年の最終日でした。

予告のとおり、2011メートル泳ぐことに。

休憩時間は短めに、どんどん泳ぎます。

全員が2011メートル泳いで完了。

今の先生は、とても熱心です。なので、生徒が少し増えております。

さて、私は年末・年始と某所に出かけてまいります。

年末らしい、ぶっとんだ計画をしているのですよん。

ちゃんとうまく成し遂げてまいりましたら、結果報告いたします。


当ブログをご覧いただいている皆様の中にも、「明日(28日)が仕事納めだ」

という方が多いかと思います。


気が早いですが、良いお年を・・・

「何だか今年は色んなことがあって、心の中で完全に消化しきれていない」

というお声を、私はまわりの方からよくききます。

今年は震災があり、社会の雰囲気も暗く。

個人も自省の時間が多かったように感じております。

201112291402001

来年は皆様にとって、幸せなことがたくさんやってくる

素晴らしい実りある年となりますように。


来年も当ブログをご訪問いただけると、とても嬉しいです。

=ジャスミン=

| | コメント (2)
|

2011年12月26日 (月)

パソコンがMacになった

本日、金沢は雪です。

8センチほど積もったらしい。

このくらいなら、出勤できますので、問題にはなりません。

大雪警報も解除されていました。


でも、昨年は積雪がすごく、京都あたりからのJRの特急列車が動かなくなり、

JRの金沢駅が閉鎖されていた日がありました。

雪のシーズンはこれからです。


昨晩、私のパソコンがMacに切り替わりました。

Mac Book Proの17インチ。

201112260101000


実は先月(11月)の末に買っていたのですが、取り替える気力&時間が足りませんで。

連休に取り組むことができて、ほっとした。


まだMacの使い方などに慣れません。

例えば、「・(なかぐろの点)」を打つとき、どこをさわればよいのかが分からない。

(今日の夕方からできるようになりました。)


小さいカタカナを入れるとき、どうするんだろう?

ネットサーフィンをするとき、複数の窓を立ち上げたいのに、それができるんだろうか?

などなど・・・初心者そのもの!


幸い、U.S.CPAのDVD教材は倍速で見ることができるように環境を整えたので、

徐々にMacの操作を覚えていきたいと思います。


申し訳ございませんが、ブログに写真が載るのを気長にお待ちいただきたく・・・

携帯電話をパソコンに接続していたソフトを、入れ直して動くようにしませんと。

(私はパソコンに画像を吸い上げてから、ブログにアップしております。)

写真がないと味気ないですねえ。ごめんなさい。

=ジャスミン=

| | コメント (0)
|

2011年12月25日 (日)

スイス・ベルン

12月10日に、スイスのベルンに行きました。

201112101049000

スイスのベルンはスイスの首都。ジュネーブは首都じゃないんだよん。

さすがに首都。他の都市より、駅の中にあるお店が、都会!

中ぐらいの規模の本屋がある!感動!


ミスター・ミニットもあったので、靴のかかとを直していただきました。

準備OK!この日は本当によく歩いたんです!

(スイスのベルン、チューリッヒを1日で観光した。)

201112101057000

ベルンは、旧市街の全体が世界遺産になっています。

路面電車の走る大通りの両側、丸いアーチが連なっているところが、

ずっとアーケードになっていて、いわゆるデパートやスーパーにあるような

お店が一つずつ並んでいます。

(トルコの都市にあるバザールと同じような感じ。)

寒い思いをしなくても見られるので便利なのでしょう。

201112101104000_2


土曜日だったので、朝市がやってました。

ハムやチーズが並んでましたよ。

そこで食べたのがコレ。

201112101114000_2

ブリオッシュのパンケーキ。4分の一を食べました。

その場であっためてもらえましたよ。


この街の中に「アインシュタインの家」があります。

ベルンにいたときに相対性理論の論文を出したのだそうです。

その時は、特許局の役人だったのだそうな。

この街の居心地が良かったんでしょう、きっと。


ドイツに居た時期は実は短くて、ほどなくしてアメリカに渡っている。

アインシュタインが使っていた机。

201112101130000

あやかりたい。その天才の頭脳に。

おまけ。

その日に飲んでいた水のボトル。

201112101038000

COOP(いわゆる生協)のお店がよくあるので、そこで購入。

ボトルの底にアルプスがあります。遊び心がいいですねえ。

=ジャスミン=

| | コメント (0)
|

バナナ・ソイミルク・パンケーキ

こんにちは。

金沢は今日、白い雪が積もっています。


だから、というワケではないのですが、今日は1日家にいることにします。

理由は、U.S.CPAのDVD教材を片づけるのに、力を入れたいから。

本日のお昼ご飯は、バナナ・ソイミルク・パンケーキでした。

201112251210000

豆乳(ソイ・ミルク)が行きつけのスーパーでは1リットルでしか売っておらず。

最後まで使いきるために、パンケーキ。

バナナ1本を半分皿につけるように残して、

半分をパンケーキ2枚用につぶしていれました。


コレ、おいしい。シアワセ。

あの、自分で言うのも何なのですが。

生地に砂糖が入ってなくても、ほんわりとした甘さでGOOD!


今日使ったのは、ワッフル用のケーキミックスなので、

とうもろこしのツブツブな粉末が入っています。

201112251212000

見てのとおり、バナナ自体も白いので、見た目はわからないですが。

生地自体ももっちりして、いいですねぇ。


午後から勉強が少し終わったら、大掃除をする予定です。

それでは、また。

=ジャスミン=

| | コメント (4)
|

2011年12月24日 (土)

英語の会計用語を250語覚える

こんばんは。クリスマス・イブですね。

今日はクリスマス・ケーキを家族で食べた!

という人も多いかと思います。土曜日と重なりましたからね。

ゆったりできた方も多かったのでは?


私の方は、昨日と今日は本を読むだけではなく、

U.S.CPAの勉強をしていました。まだ財務会計の次に行けてはおりません。

それでも、手続きも勉強も進んでいます。着実に。ゆっくりですが。

201111281352000

11月にあった「成功の9ステップ」セミナーで、

「新しい仕事(ビジネス)にとりかかったら、まずその業界の専門用語を

『250語』覚えなさい。そしたら、その業界の人とそれなりの会話ができるようになる」

と、効率化(加速学習)について教えを受けました。


また、「週に1冊は自分の専門分野の本を読むように」とのこと。

私はそれを聴きながら、

「あれ?今でもそのくらい、やっているような気がするけどなぁ?

その程度ならば、結構簡単なんじゃないだろうか?」

と思いました。


日商簿記1級を目指してから、ずっと会計用語を「こつこつ」と覚えてきているわけです。

すでに3年。

U.S.CPAの勉強を初めてからは、3か月半。


会計の専門書ではないけれど、テキストは毎週開いている。

読書も気をつけないと、会計、もとい、お金にからむ本ばっかり読んでいる!

201112090851000

そこで、セミナーから帰ってきてから、今月に入り、

英語の会計用語を本当に250語覚えているか、試してみました。


TACのテキストは、各章の最後に用語集がついている。

ご丁寧にチェックボックスつきなので、チェックしていきました。

3晩かかった・・・結果。

250語以上をすでに覚えてますよ! 良かった!



別に私、いばっているわけではありません。

(1)資格を目指して勉強し

(2)それ専門の学校に所属して勉強する習慣をつける

とは、そのくらいの効果があるのだ。

それを確認できた、というだけのことだと思っています。


U.S.CPAの本試験手続きは、郵便で成績証明書と卒業証明書を送りました。

そうしたら、昨日アラスカ州のセンターから、

「あなた、会計単位が15コマ足りませんよ」と、メールが来ました。


うわ~あ。やっぱりブラッドリー大学の成績証明書が間に合わなかったあ!

「会計単位は大学でとってあります。1週間くらいで証明書が届く予定だから、

またご連絡します。」とメールをして、お待ちいただいています。

201111241912000

そして、WES(アメリカで大学などの成績を審査・認定する機関)からは、

1万円払いすぎた分の郵便為替が、まだ届いていないんです

・・・昨日、再度メールで催促しました。


それでは、皆様。 メリー・クリスマス!

よい週末を!

=ジャスミン=

| | コメント (0)
|

7つの習慣(スティーブン・R・コヴィー)

こんにちは。

皆様、お読みになったことがございますでしょうか?

「7つの習慣」 スティーブン・R・コヴィー(Stephen Richards Covey) 著

ジェームス・スキナー、川西茂訳  キングベアー出版

201112240814000


写真のものは、映像が10個入ったDVDが付属しているものです。

ちょっとした特別版。Amazonの中古で購入。

「大きな石」と「犬のマックスと人間のマックス」の話が気に入ったかなあ。

この10の映像作品は、傾向がばらばら。

元の映像は、きっと、もっともっとたくさんあるのでしょう。

201112090856000

私はだいぶ前に別の映像作品のDVDがついた版を購入しまして。

「トリム・タブ」の話と、

「トイレ掃除をする女校長 (原題を忘れた)」が好きだった。

そのバージョンは、引越しを機に会社の資料室に寄付しました。

本が出版されたのは、2005年。

英語の原書の初版は1989年。

映像作品に出てくる人物の服装が、今となると古い。

流行がうつりかわるのは、本当に速いですね。

201112060807000


キングベアー出版のこの本は日本で初めて訳されたものではありません。

別の会社ですでに訳されていたのです。

版権を買い取り、再度、訳し直して、フランクリン・コヴィー・ジャパン社の

(その当時か、その後すぐに社長だったか覚えてないけれど)

ジェームス・スキナー氏ががんばり、出版社を立ち上げて、

リクルート社と組んで大キャンペーンを行い、ヒットさせたものです。

(この話を職場でしたら、私がジェームス・スキナーさんのファンだと

知っている先輩社員から、にやにやされた・・・)

文字が小さ目なので、やや読みづらくて、読むのに時間がかかる本です。

熱中するので、はやく読みたいのだけれど、分厚いもので・・・

しかも、考えることが多い!



私は、人と人とがコミュニケーションをとるのって、

とても難しいものなのだ・・・と、はじめに読んだ当時感じました。


201112230219000

会社でもWin‐Winの関係について、よく考えるようになった。

実践するのは、はなはだ難しいですけれどね。

Try&Error だ。 すぐにというわけにはまいりません。

この本の「刃をとぐ」を意識するようになったので、

水泳教室やスポーツジムにも通うようになりました。

東京で短い間だったけれど仕事していたときは、この部分が難しく、

実行できなかったもので、大変に苦労しました。

優先事項を考えて時間を配分すること、

ミッション・ステートメントを生活で意識すること。

多くのビジネス書に述べられていることの原点、といった感じです。

毎年、年末年始になると売れる本なのだそうです。

まだ、読んでいない方。年末・年始の読書におススメします。

「思考は現実化する(ナポレオン・ヒル)」と、この本と。

「どっちの方が優先?」といわれると。

・・・とても困る。聞かないでえ~。両方読んでえ~!

=ジャスミン=

| | コメント (0)
|

ポルチー二(イル・ガッビアーノ)

昨日(金曜日の祝日)、昼に妹とご飯を食べに行きました。

毎度ですが、イタリアン・レストランの

「イル・ガッビアーノ」さんです。

(お店の写真は今年の夏のもの)

201108281132000

思っていたよりも雪の降る量が少なくて。

連休ということもあり、お店はほぼ満席。

食べたのは香箱(こうばこ)ガニのパスタでした。冬ですからね。

カニのパスタ、おいしかった。珍味のたぐいです。

混んでいたので、写真は撮ってきませんでした(迷惑がかかるといけないから)。



そうしたら、妹に

「姉よ、私を残して一人で先日このお店に食べに来たポルチーニはどうだった?」

ときかれましたよ。

・・・忘れてた、忙しくって。 11月末のことだ。

妹もその週は忙しくて、スケジュールが合わなかったのじゃ。

「つるつるしていて、うまかった。一人で食べてゴメンね。」


これがポルチーニ。 キノコです。 どんっ!

201111282010001

生を、お店のYさんが、わざわざ匂いを嗅ぐために出して下さいましたの。

でかい!化け物のように。びっくりだ。でも、キノコだから重量はとても軽い。

こぶしのサイズを通り越して、手のひらサイズです。


何というか・・・洋風しいたけ? かぐわしい感じ。

リゾットにもパスタにもして下さるのだそうですが。

今回はパスタでお願いしました。

201111282032000

つるんとしていて。鼻にぬける香りを楽しむ感じ。

塩味のソースが、香りを消さずに良い。味も濃くてナイス。

ごちそうさまでした。



なぜ、一人で平日の夜に食べにいったかというと。

今年、ポルチーニは少ししかお店に入ってこなかったのです。

なので、メニューを書いた黒板にも、秋の時期に(あまり)載らなかった。

注意して見ていたのですが・・・


それなのに、どうして、それを知ったかというと・・・

お店の比較的近所にお住まいのマダムと、

夜の水泳教室でご一緒しているからです。


「先日、イル・ガッビアーノさんで、生のポルチーニ食べてきたわよ~」って。

水泳後の風呂の中で教えていただきました。


このマダム。風流な方でして。風景画を書きに山に出かけたりするような人。

季節に敏感でいらっしゃるので、旬の食材が入ったかどうか、

わざわざお問い合わせされたのだそうな・・・

(写真は、イル・ガッビアーノの前にあるオリーブ)

201112231358000

イタリアは今年洪水みたいなのがあって、空輸がやや困難な時期があり。

例年より少量しかポルチーニが入荷しなかったのだそうです。(意外なお話)。


お店のYさんに強烈におねだりし、わざわざ入荷をご連絡をいただいて、

会社が終わってから食べに行きました。

お手数をおかけしました。ありがとうございます。


皆様は、ポルチーニって好きでいらっしゃいますか?

スーパーでは乾燥させたものが売ってます。

私は生しいたけも好きですよ。しいたけは煮詰めて弁当に入れたりします。

=ジャスミン=

| | コメント (2)
|

2011年12月23日 (金)

TQ (Time Quest タイム・クエスト) ハイラム・W・スミス

皆様、年末ですね! 昨日(12月22日)は冬至でした。

ゆず風呂に入られましたか?

本日、私はこの本を、「思考は現実化する」とともに読み終えました。

「Time Quest 心の安らぎを発見する時間管理の探究」

ハイラム・W・スミス著、 黄木 信 ジェームス・スキナー 訳

201112231924001_2


ハイラム・W・スミスさんとは。

フランクリン・プランナーという手帳を開発した方だ。

そう申し上げた方が「ピン」とくるでしょう!

写真の真ん中がハイラム・スミスさん。

201112231924000_2

退役軍人でいらっしゃるので、何だか体が大きくありませんか?

右に写っているジェームス・スキナーさん、若い・・・

なぜ今の時期にこの本を読んでいるかというと。

来年(2012年)から、私はフランクリン・プランナーを使い始めるからです。

コレがそれ。じゃん!

201112042041000

やや大きくて、重いのよん。これが躊躇していた第二の理由。

しかも高いし(パックが1万円ちょっとします)。これが、第一の理由。

201112042040000

でも、11月に「成功の9ステップ」のセミナーに出たとき、

「実績管理はどうすれば良いの?」と、スケジュール帳に関する質問をしてみました。

今の手帳(勝間和代さん手帳)だと、文字をすごく小さく書いているもので、

予定と実績の両方をどう書きこむかが悩みどころ。

数か月にわたる計画の管理が、特に悩みのタネ。

「それは、『1日の書く欄が狭い』 と、いうことかと思われますので、

(1日の書く欄が広い)フランクリン・プランナーの

デイリー(1日ずつ)のものと、年間1枚のもの(蛇腹になっているレフィル)を

併用されたらいかがでしょうか?」 と、

元・フランクリン・コヴィー・ジャパン社長(=ジェームス・スキナーさんのコト)から

言われたら・・・さすがにねぇ。やってみないとマズイでしょう。

ぶっとい手帳を使ってみることにしました。

金沢ではこの手帳、示野の文苑堂書店で売っています。

(会社の同僚・お隣に座っている後輩社員に教えていただきました。

彼はこの手帳の愛用者だ。)

こんな感じのディスプレイ。

201112042001000

東京だと、八重洲の地下街にフラッグ・ショップがある。

この「タイム・クエスト」は、手帳の活用方法ばかりじゃあ ありません。

幸福と自己実現、最高の生産性とは何か、というのを教えてくれます。

内容は、原文が元々訳しづらいのでしょうかねぇ?

著者本人の体験談の部分はすごく読みやすくて感動します。

でも、概念とか観念の部分は、つまってしまって、

正直に言うと、多少読みづらかった。



私の周りの男性の方には、とても好評な本です。

興味があられましたら、どうぞ。

=ジャスミン=

| | コメント (0)
|

思考は現実化する(Think and Grow Rich : ナポレオン・ヒル)

本日、なかなか読めなかった本を読み切りました。感動。

「思考は現実化する」 ナポレオン・ヒル きこ書房

201105041202000



この本、ビジネス書&自己啓発書の古典中の古典。

(古典とは言っても、20世紀の本ではあります。)

「ビジネス書を読んでいる、と言うのであれば、知らないとは言わせねえぞ!」

といった感がある、特別な本です。

なので、ご存じの方にとっては、今さらなお話で恐縮でございます。


下手な文章ながら解説をいたしますと・・・

元々ボリュームがある本なのです。3冊ほどある分量のものを

文字を小さ目にして、読みやすく1冊に凝縮したのが、このバージョンです。

なので、厚さがこのくらい。太い。

201105041202001

本には「さらっ」と読むものと、「じっくり・深~く」読むものとがあると思うのですが。

たくさんの人がおっしゃるとおり、この本は典型的な後者のタイプ。

考えながら読みこまないといけない本です。


昨年に購入して読み始めたのですが。

演習のところで止まって考えこむは、ゆきつ戻りつするは、で。

なかなか先に進まない。

今日は連休&年末ということで、がっつり長時間、読むのに集中。

やっと読み終わった。快感。すっきりしたぁ!



ひとことでいうと。

「紙に目標を書け! 朝・晩(声に出して)読め! そしたら金持ちになれる!」

といったところでしょうか・・・

だって、原題がそうでしょう。「考えよ、そしたら富が増える」だもん。

201112180040000

以前、日帰り出張の時に同じ職場の主任にこの本を貸しましたら、

ものすごく面白かったらしく、1日で半分読んでしまわれました。

その時のご感想。


「冒頭にある、エジソンの共同経営者になったバーンズの話って、本当か?

経営者になった後でこじつけたものじゃないのか?

あんな調子のいい感じで実現するって・・・衝撃だ!『えぇっ?』って感じ・・・」

なのだそうです。



たくさんの成功者の実話が入っておりまして。良書です。

ビジネスマン必読。



抜粋版のオーディオ・ブック 「巨富を築く13の条件」もベストセラーです。

FeBe!(フィービー)のサイトでも販売されています。

=ジャスミン=

| | コメント (0)
|

スイスのチョコレート

今月、2週間前にスイスに旅行しました。

その時、ジュネーブでチョコレートケーキを食べました。

ショーウィンドウが「おいで・おいで」していた。

201112091001000

CHOCOLATERIE MARTEL CORNA さんのもの。

5.5スイスフラン(472円)なり。

まったりしていて、おいしくはあったのだけれど。

正直に言うと、日本のケーキの方が断然おいしい!

残念!

わかってはいたけれど、日本のケーキは芸術品だ!


ところがどっこい。

スイスのチョコレートは、やっぱりおいしい。

日本のものより、たぶんおいしい。

こちら、会社へのおみやげとして買った「カイエ」社のチョコレート。

201112131546000


ミニサイズの詰め合わせ。親指ほどのサイズです。

大きいチョコレート工場としては、この会社は世界初だったらしいです。


高くなかったのに、つまり安かったのに、とても美味しい。

会社の人にもっと配るハズだったのに、期待していた以上においしくて。

全種類食べてみたくなり、自分がぱくぱく食べてしまった・・・

(ただ今、体重が増えて、今回はなかなか戻りません!)


一番おいしかったのはハニー入り。じゃりじゃりしていて、うまい。

キャラメル味もいけました。

とけやすいのか、変形しているのにもかかわらず。

全部おいしかったんです。 するっと舌の上でとけちゃって。

さすがに、スイス = チョコレート と、有名なだけあります!



だいぶ昔、祖父母がスイスいった時のおみやげに、チョコを買ってきてくれました。

その時よりも、おいしいと感じた。

たぶん、技術が進歩しているのだと思う。


チョコレートにミルクを入れる技術がキモなのだそうです。

スイスはネスレ社に代表されるように、

牛乳から水分を抜く技術が発達しているらしい。ハイテクの国なのね。


スイスのチョコレートは日本でも、大型スーパーや、業務用食品店、

しゃれた高級食料品店などで、手軽に手に入るようになりました。

良いことだと思います。


今週末の天気は、豪雪となり、大荒れの予想だとか。

コタツの中であたたまりながら、チョコはいかがですか?

(コタツの中じゃ、チョコはとけるだろう! とツッコミが入りそうだ・・・)

=ジャスミン=

| | コメント (4)
|

2011年12月21日 (水)

スイス・チューリッヒ

12月10日(土曜日)に、スイス・チューリッヒに行ってきました。

ジュネーブからベルン経由。列車で移動。

写真はチューリッヒの駅。

201112101331000

「ポリツァイ(警察)」と書いてあるように、ここはドイツ語圏。



何だか駅舎がデッカイ。終着駅なので、線路が切れている。



スイス最大の都市です。でも、金沢市よりも小さい。


201112101437000


「チューリッヒ」って、ドイツ語読みなのですね。知らなかった。

フランス語・英語では「ズュ―リック」なのです。

ジュネーブで現地の方(?)と会話していて、

はじめはどこのことかわからず、聞き返してしまった!

201112101435000

歴史地区(旧市街)が素敵です。

歩いて、チューリッヒ美術館まで行ったのです。

いやもう、印象派のコレクションがすごい! スイスって豊かな国。

チューリッヒの都市の規模で、このコレクションって・・・びっくりです。

アルベルト・ジャコメッティのコレクションが一番有名らしい・・・

(すみません、あまり興味がありません)

だからなのか、現代アートが「どどん」と正面にある展示の、

横のほうから印象派の常設展示のフロアに入るのです。

何というか・・・展示の仕方が下手なような気がする!(ああ、言っちゃった・・・)

すんごいコレクションなのに、うっかりすると見逃してしまいそうな建物の造り。

201112101617000

美術館の入り口、右手にはロダンの彫刻があります。


さすがに歩くのに疲れ、夜にジュネーブに帰ったら、すぐに寝ました。

でも、翌日は早起きして空港へ。

短いスイスの滞在でした。

=ジャスミン=

| | コメント (4)
|

顔にレーザー照射(3回目)

こんばんは。

今週末の天気は全国的に大荒れだとか。

金沢市では吹雪になる予想なのだそうです。寒いです。

最近は、通勤で自転車にのれず。バス通勤です。

時間のロスが大きいので、自転車に乗りたいのですが。当面は我慢。

今週、19日の月曜日に、顔のしみ取りレーザー治療の3回目を受けました。

1日後の写真。

201112202218000

頬骨のあたりにあったシミが大分薄くなりまして。

今回、焦げているシミは、頬の真ん中あたりのものが目立ちます。


こちらが、1回目のレーザーを当てる前の写真。

2011093018540001

レーザーは1ヶ月に1回。3か月前、9月末の状態です。

ずいぶんとシミの数が減ったと思いませんか?

(う~ん、わかりづらいかなあ?)


毎回、レーザーは2回(2種)照射。

「パシャ・パシャ」と手早く移動していくのですが、

後半になってくるとさすがに痛いです。肌がダメージを受けているから。

顔を相当にしかめていたのか、先生に

「もうちょっとで終わるからね」と声かけされました。


あと何回照射するのかなあ?

できれば左頬にある、一番大きな色素沈着が消えてくれれば良いのですが。

(写真の方とは反対側だから、画像には入っていない。)

なかなかにしぶといシミ(?)です。

=ジャスミン=

| | コメント (0)
|

略奪大国(ジェームス・スキナー)・その2(アメリポン)

19日の月曜日にご紹介しました、

経営コンサルタントであるジェームス・スキナーさんの著書

「略奪大国」のお話、その2です。

(フォレスト出版、1,470円・税込)

201112211956000

この本、「ここまで書くの?」とびっくりするくらい、突っ込んで書いてあります。

特に、第6章と第7章(最後の章)のあたり。

(ぶっちゃけ、最後の方で、本音炸裂のキレキレ状態になっている。)

既得権を握っている団体・・・農協、漁業組合、日教組、官僚、銀行、その他もろもろ。

具体的に糾弾しているのですよ。

参加型のセミナーで語っていた事実ではありますが、

こういった著書での展開までするのって、相当に勇気がいると思います。



私がこのジェームス・スキナーさんのお話で気に入っているのは、

実は「アメリポン」のお話。(第4章)

日本の経済が破綻したとしたら、アメリカ合衆国の51番目の州になれば、

いろんな問題が一挙解決! という案です。

アメリカ + ジャパン = アメリポン!


201112090855001



このお話、2011年9月にあった「人生の飛躍」セミナーで語られていたものです。

とても経営コンサルタントらしい、合理的な案だ。

その他の講演では、おそらく出ていない。大胆すぎて。

当然、セミナーの参加者からも強い拒絶反応がたくさん出ておりました。

賛同する方と、反対する方と、ハッキリ別れました。

だって、「日本が独立国ではなくなる日」って、そういうお話ですから。

「アメリカに吸収・合併? おいおい? ふざけんな!」 みたいな。

でもね。理性的に考えると、案外「あり」なのではないかと思うのです。

例えば、古代ローマ帝国なんて、アフリカ属州なんかがあって、

最終的にはアフリカ属州・今のリビア生まれの(属州民ではなかったけれど)

セプティミウス・セウェルス帝が出たりしているじゃないですか。

それと一緒じゃないだろうか。



たとえ他の国家の一つの州になっても、

日本の文化の独自性が消えるわけじゃなし。

この「アメリポン」案も、日本は人口が多いから、

アメリカの1つの州になった後は、アメリカの国政に対して

一大勢力となって、決定権を持てるかも、という壮大なご提案・・・仮説です。

大河小説みたいな話の展開。

201112211203000


この本、「略奪大国」付属のCD-ROMには4編の講演の映像が入ってます。

1つ目は今年の10月だったか11月に行われた、どこかの講演のもの。

2、3、4は今年の9月の「人生の飛躍」セミナーのものです。

ずいぶんと、最新の映像を収録しています。

セミナーの方の映像では、「成功の9ステップ」をすでに受講済みの人を

対象として話しているので、けっこうフランクな

(講演ほど丁寧ではない)感じの話し方になっています。

・・・ジェームス・スキナーさん、今回は全部の人に好かれることを放棄して、

かなりの反発や拒絶反応が出ることを想定して、割り切りましたな。

TVなんかでは、わりと優しい感じの対応なのに。

なのに今回は、

「嫌われてもイイや。でも言わなくてはいけないんだもん。」 そんな感じです。

興味がある方、年末・年始にお楽しみくださいませ!

知っておかねばならない事実ですし、とても勉強になります。

=ジャスミン=

| | コメント (1)
|

2011年12月19日 (月)

略奪大国(ジェームス・スキナー)・その1

本日(月曜日)、全国の書店に並びます、この本。

「略奪大国」 ジェームス・スキナー著(フォレスト出版)

201112181017000

東京では14日あたりから先行発売されておりまして。

金沢でも、石川県庁ちかくにあるBeans・明文堂書店で

201106081829000

17日・土曜日に書棚に並んでおりまして、買ってまいりました。

コレ、非常にわかりやすいです。思っていた(期待していた)よりもヨイ。

「今の世界的な経済危機はナゼなのかなあ?」と思っている人には

イチオシでおススメします。

「中学生でもわかるサブプライム・ローンとリーマン・ショック」という感じ。

これ以上わかりやすく書ける人はたぶん他にはいらっしゃらない。

他に類似の本を既に3冊ほど読んでいるので、そう思ったのです。

201112190119000


しかも解説映像のCD-ROM付き。

何と徹底したサービスっぷり。

思わず私、この本を父親にプレゼントしたくなりましたね。

(追伸:クリスマス・イブの日に、父親に会ってプレゼントに差し出したけれど、

『なん、読まん。』と断られました。残念。父は団塊の世代。頑固ですのう。)

内容は、今年の9月に行われたジェームス・スキナー氏のセミナー

「人生の飛躍」でも、そっくり講演されておりました。

丸1日かけて。なので、深夜にまで解説が続いておりました・・・。

その時は、日本の国債・ねずみ講の「魔法の壺」が会場に出現。

視覚からも非常に強烈な印象が残りました。

本よりもうちょっとだけ突っ込んだ内容も展開されていたように感じています。

(ちゃんとセミナーって、お値段の分は出席する価値があるものです。)

・日本は実質上59%の消費税を払っている?

・日本は破たんまであと4年しかない?

など、詳細な数値とともに衝撃的な内容が並びます。

年末年始にぜひお読み下さいませ!

=ジャスミン=

| | コメント (0)
|

米国公認会計士試験・本試験申込み

本日、米国公認会計士試験の本試験申込みを行いました。

日曜日の夜にとりかかり、日付をまたいでしまいました。

NASBAサイトから英語で申込みます。



私、要領が悪いんですかね?

オンライン申込みを終わり、成績証明書の封書をつくるまで

全部で2時間かかりました。ふうっ、大変だったわん。



しかも、職歴の入力をし忘れた。やっちゃった。

どうなることやら。

他の科目を受けるときに、追加で入力したいと思います。

201112150807000

時間がかかった一番の原因は、GPA(成績平均点)を計算し、

それを入力しないと次の画面にいけないサイトのつくりになっているからです。


この平均点の計算が結構手間でして。

新規に取得した、ブラッドリー大学の会計・ビジネス単位も

足しこまないと計算できなかったのです。


先にアメリカのWESからもらっていた成績の認定にある数字に

さらに足す計算を自分でしないといけない。

科目によって単位の数がばらばらですから。慎重に計算しないと。

201112060811000

大学で、私は真面目学生だったのですね。

歴史でゼミにちゃんと出席して、卒業論文には真面目に取り組んだので、

論文の出来はあまり良くなかったけれど、A判定がもらえてました。


教授は私の卒業後、しばらくしてお亡くなりになられました。

成績証明書をながめて、教授に改めて深く感謝いたしました。


申込みに時間がかかった二番目の原因は、

学歴の開始日・終了日を入力するので、自分用の控えとして持っていた

英文の成績証明書をどこにやったか探さないといけなかったのですね。

成績証明書は全部で3通必要でしたよ。

201112031151000


ブラッドリー大学の成績証明書がアラスカ州の試験センターに届くまで

2週間ほどかかります。

届く頃を見計らって、私の成績証明書を送らないといけないので、

明日に郵便をEMS(国際スピード郵便)で出した場合、ちょっと早すぎるかもしれない。


どうしよう・・・私せっかちだからなあ。

そのまま郵便を出しちゃおうかなあ?

それとも、ちゃんと待つべきか? 悩みどころです。

=ジャスミン=

| | コメント (6)
|

2011年12月18日 (日)

スイス・ジュネーブ

こんにちは。

先週、ブログをお休みしている間にどこに行っていたかというと。

スイスに2日間だけ行っておりました。

写真はジュネーブのジュネーブ駅。

201112090832000

コルナヴァン駅というお名前が正式みたいです。

宿泊したところが、この駅の近所でした。

スイスはこの週はたまたま寒くなかった。

むしろ、金沢の方が寒い・・・



何のために行っていたのかは、おいおいご紹介させていただきます。

こみ入った話なので、もうちょっとお待ち下さいませ。

クレジットカードのデルタ航空のマイルがこつこつ溜まっていたもので、

それに「バイマイル」という仕組みを使って、マイルを足して航空券をゲット。

行きは成田空港からエール・フランス。

201112090238000

帰りは関西空港へKLM。行きの飛行機の方が広かったです。

201112091316000

写真はレマン湖の大噴水。

レマン湖、きれいでした。

2日目にベルン観光をしにICという列車に乗りましたら。

201112100842000

湖に山が近いんですね。

201112100924000


朝の光が湖面にキラキラして、まるで天使が降りてきそうな幻想的な光景。

「ああ、無理してがんばって来て良かった・・・」

と、しばし呆けたように眺めておりました。

写真の車窓は誰かがおもちゃして、窓に傷がたくさんついています・・・

ジュネーブは国際都市でした。お会いした方の半分以上が英語ぺらぺら。

金融街です。

現地の年配の女性に「あそこはスイスじゃないわよ。国際都市で別格!」

と言われましたよ。

201112090855000

旅行のことなどは、少しずつご紹介させていただきます。


私は今日、U.S.CPAの本試験を申込みする予定。

FARの勉強の消化で、最近は夜が忙しいです。

・・・出かけなければもっと勉強が進んでいるだろうに、という話もございますが。

いいの。本当にやりたいことが色々あるのですよ。

年末・年始ってやっぱり忙しい!

=ジャスミン=

| | コメント (2)
|

2011年12月16日 (金)

雪です!

こんばんは。

ただいま、金沢では雪が降っています。

201112161937000

さすがに年末でございますよ。

201112161939000

今、冬至が近いから、日が落ちるのも早いですからね。

外は暗くって、寒々とした景色でございます。


最近、金沢駅・西口のバス乗り場のリニューアル工事が完了し、

元の位置に戻りまして。新しくなりました。

201112161811000

右にちょっぴり見えているバスは、小松空港ゆき。


県庁ゆきのバス乗り場が、金沢駅の駅ビルから出てすぐの場所になりました。

(写真では、人がたくさん待っていらっしゃるところがソコ)

「ぶるぶる・さむさむ」な思いをちょっとしかしなくて済むので大変便利。



税理士試験の結果について、当ブログにコメント下さいました皆様。

ありがとうございます。

土・日にお礼をさせていただきたく・・・しばしお待ち下さいませ。

お返事が遅くなってごめんなさい。


それでは、おやすみなさい。

=ジャスミン=

| | コメント (0)
|

2011年12月14日 (水)

税理士試験・第61回(平成23年)結果・不合格

今週の月曜日、12月12日に帰宅しましたら。

今年の8月あたまに受験した税理士試験(第61回)の結果通知が郵便箱に。


結果。

簿記論 Cランク、財務諸表 Cランクの ともに不合格。

201112142037000

写真は通知書。A4サイズの紙の真ん中の部分。

自己採点で 簿記論が39点、財務諸表論が38点でしたから。

そのとおりの結果でしたよ。

ひとことで言うと、勉強不足。



分かってはいたのですが・・・現物をみると、やはり落ち込みました。

どど~ん、と。


試験を受けてから結果までに待たされ過ぎるのが、この試験の特徴なので。

落ち込み方も、何だか「ゆっくり・じわっ」 という感じで、都合が悪い。

月曜日の午後に通知書をすぐに開封したので、

そこから丸2日、復活までにかかりましたよ!

201111241912001

「税理士試験とは、並大抵の苦労じゃ受からないのではないか?」 とか。

疑心暗鬼になっちゃったりして。

根を詰める試験って、精神的に結構まいっちゃいます。


今日の朝まで弱気になってましたね。

でも、復活する!弱気を追い払う。

ネットの簿記学校の仲間の方に励まされて、だいぶ元気が出てきました。

まず、米国公認会計士の試験をがんばるぞ!ファイトだ。


今回合格された皆様、おめでとうございます!

合格しなかった方も、落ち込んだ後は、また立ち上がってファイト継続しましょう。

そして、かばんに電卓が入る日が続く・・・

=ジャスミン=

| | コメント (18)
|

2011年12月12日 (月)

大学の単位がそろいました

こんばんは。

11月末に受験した、ブラッドリー大学の会計単位試験の結果が出ました。

ATG302が、無事B判定で合格。うれしい。

201112091323000


これで、ようやくU.S.CPAの日本受験の申込ができるようになりました。

さっそく、申込みにかかりたいと思います。


ブログをお休みしている間、いろんなことがありまして・・・

あっぷ、あっぷに。

おいおいご紹介してまいります。

皆様、今しばらくお待ち下さいませ。

=ジャスミン=

| | コメント (0)
|

2011年12月 6日 (火)

ブオーノ・ブオーノのサラダ(東京銀座)

かなり前の話になって恐縮ではございますが。

先月、11月15日に東京出張した時。

帰り道に銀座でご飯しました。夕飯です。

場所は西銀座の「リストランテ&バー ブオーノ・ブオーノ」です。

三笠会館のグループ。イタリア料理店。

場所は西銀座デパートの中。

201111151710000

サンリオの売り場方面から行った場合の入口。

201111151712000



外からの入口もあります。数寄屋橋交差点の角です。

201111151743001

食べたのは、またもやサラダ。

201111151726000

ブオーノ・ブオーノサラダ クリーミーなチーズソースをかけて。

1,575円。

このサラダは本当においしいです。自然に顔がほころびます。

ソースがほんのり温かいせいですかねぇ?

野菜がちゃんと下ごしらえしてあって、パプリカがアクセントに。

201111151725000



パンも2種しっかりついてくるので、わりとお腹がふくれます。

でも、だいぶ後にお腹が空いたので、

深夜に自宅に戻ってから、果物をちょっぴり食べました。




そんなに気張った場所ではなく、でも落ち着いた雰囲気です。

女性の方がお友達同士でお話するのなんかにも良さそうな感じ。

数寄屋橋交差点が眺められます。


ちなみに、私が訪問したときは、ソフトバンクのCMの「予想ガイ」なお兄様みたいな、

(おそらく外国人の)男性のウエイターさんが日本語でニコニコ迎えてくださいました。




このサラダは、ジェームス・スキナーさん(経営コンサルタントでセミナー講師)が

2011年9月の「人生の飛躍」セミナーでおすすめしていたサラダ4種。

そのうちの、こちらは2つ目です。

おすすめサラダはあと2つある。でも、私はヒラ社員なので、出張はそんなにもない。

残りの2つを食べる機会は、いつになるかしらん・・・

201112031336000



私が東京に出張する機会に会いたかったなぁ、と

言って下さるお友達はあれど。

そう言っていただけるうちが花だと思ってはおります。

長らくお会いできなくて、ごめんなさい。

でも、残念ながら飛行機で出張すると、ご飯を食べてホテルに着くだけで

その日が終わってしまいます。電車でも、だいたいは同じ。

ホテルに夜遅くに着いたら風呂入って、短い勉強をして「ぱったん・きゅ~」

明日に備えて寝ないと・・・

翌日、仕事(研修)の後は、夕飯をささっと食べて、空港へ向かって深夜に帰宅。

出張って仕事ですから。時間にゆとりがないのが残念でございます。



わたくし、明日から所用でブログの更新がしばらくできません。

次回の更新は来週の火曜日(12月13日)ごろとなりそうです。

それでは、また。皆様、おやすみなさい。

=ジャスミン=

| | コメント (0)
|

2011年12月 5日 (月)

雪だるまパン

こんばんは。

先週から週末にかけて、北海道では雪がすごかったそうですね。

金沢市はまだ雪はふっておりませんが、

今週末には、さすがに雪が降りそうです。

201112031309000_2

写真は浅野川。

先週、お隣の福井県は福井市に行きましたら、

紅葉がすすんでいて、足羽山あたりがきれいでした。

金沢市でも、いちょうの木の黄色が、今日もまだきれいです。

201112031309001

写真は同じく浅野川から卯辰山方面を眺めたところ。

うっすらと紅葉しているのが見えますででしょうか?

今日も昼ごろまで雨だったのです。

自転車には乗れず、バス通勤でした。

バス待ちの時、金沢駅にあるジャーマン・ベーカリーさん(パン屋さん)で、

雪だるまの形をしたパンを見つけました。

201112051752000_3


かわいい~。

私は幼稚園や小学校の頃は、雪が積もってたまったときに

雪だるまをつくるのが楽しみでした。



金沢の場合、なかなかそこまでは積もらないのです。

水分をふくんだ雪が多くて、たいていは「べしょべしょ」に。積もらないことも多い。

それでは、また。

=ジャスミン=

| | コメント (0)
|

2011年12月 4日 (日)

大阪商工会議所周辺

こんにちは。

先月(2011年11月)、大阪に会社の出張で勉強会に参加しまして。

その翌日(11月19日)に、土井英司さん(書評家・出版コンサルタント)の

セミナーがあり、個人で1泊して、参加してまいりました。

「エリエス企業成功セミナー 

人生を成功に導く起業家精神&4つの企業ノウハウ」

という、パネルディスカッションでした。

起業家・お三方の雰囲気がすばらしかった。プロってこんな感じなんだ・・・という。

セミナーの場所はマイドームおおさか。

201111191325000

写真の場所が大阪商工会議所。その隣(写真だと、奥側)にあります。

大阪商工会議所は、消費生活アドバイザーの1次・2次試験会場でした。


この日、大阪はどしゃぶりでして。

私のもっていったキャリーバッグ(布地で、4輪つき)が濡れて

中の雑誌などにも浸水し、えらい目にあいました。

全国的に雨でしたから・・・

大阪駅のコインロッカーが満杯で預けられなかったんです。

201111191704000

こちら、商工会議所の裏(?)のシティプラザ大阪。

上の方の丸い部分は何だろう?と思っていたら、

ホテル&スパになっているんですね。スカイラウンジ。へぇ~。

201111191832001

セミナーでほくほくした帰り道。心斎橋に寄って帰宅しました。

心斎橋って、道路に外国製の高級車がたくさん走っているのですね。

有名ブランドのショーウィンドウが並んでいて、

今の時期、イルミネーション(電飾)がキレイです。

大阪は大阪駅の近くにハービスPLAZAがあったり、

新しく伊勢丹ができたり、と活気がある上に、

新陳代謝が活発な都市だと来るたびに思います。

=ジャスミン=

| | コメント (2)
|

2011年12月 3日 (土)

近江町市場(2011年12月3日)

皆様、冬ですねぇ。

金沢は先週ものすごく寒くなり、最高気温が7度になるなど、

雪は降っていないものの、分厚いコートが手放せません。

雨の日が多くなります。


久しぶりに金沢の冬の風景をお届け。

街中にある観光地、「近江町市場(おうみちょういちば)」です。

201112031240000

繁華街の武蔵が辻、名鉄エムザ前の入口です。

以前、北國銀行が移動した話で「いちば館」のご紹介をしました。

今回は市場内の風景をおとどけします。

201112031238000

今の時期はカニ。カニがたくさん並んでます。




201112031236001


甘エビとぼたんエビも。

カニはものによっては新鮮で足がまだ動いてます。「わさわさ」って。



観光客の方むけに、保冷のケースに入れて宅配することもできます。

値段はピンからキリまで。1,500円くらいのものから17,000円くらいまで。

高いと立派になります。

お知り合いへのビックリ&サプライズ・プレゼントにいかがでしょうか?

201112031236002


お酒の肴となる塩辛なども量り売りしていて、試食できます。


基本は金沢市民の台所です。野菜屋

201112031237000

うなぎ屋さん。おいしそう。魚屋さんも沢山ある。

201112031239000


お花屋、そして普通のスーパーがあります。

201112031253000


このお花屋さん、すごく混んでました。ビックリした。

金沢の女性って家にお花を飾るのが実はスキなのね・・・



今の時期、金沢では「かぶら寿し」を漬けて、

正月の前後に食する習慣があります。冬の風物詩。

201112031246000_2

近江町市場の駐車場もありますが、満車になることも多く。

向かいのダイエー跡地のウラにあるコインパーキングや

旧ダイエー付属駐車場が30分100円と安いので、

そちらのご利用をおススメします。



今の時期、平日も沢山の観光客の方が金沢にいらっしゃいます。

地元にとって、とてもありがたいことです。

=ジャスミン=

| | コメント (0)
|

2011年12月 2日 (金)

Becker教材(TAC U.S.CPA)

私は現在、TACのU.S.CPAの講座を受講しています。

テキストとDVDだけで相当な量になるのです。


それだけでも十分に受験はできて、

合格している方がたは多数いらっしゃるのですが。

やはり初回の受験となると不安でして。

財務会計(FAR)と管理会計(BEC)だけは、Becker教材なるものを

購入してみることにしました。

さながら、プロメトリック社だとワイリーにあたる部分でしょうか。


これが分厚いBecker教材。

201110152149000

右にあるBeckerカードは、こんな大き目サイズです。

201110152149001

真ん中のCD-ROMが、先輩の受験者さんからイチオシされた、

パソコンで本番の試験をシミュレーションできるものです。

こちらは直前対策の教材。

201110090602000

今からは、まずFARのDVDの残りを片づけ、

そしてテキストの問題を解きまくらないと。

進捗がやや遅れ気味なので、年末までスピードアップを計画します。


ちなみに、U.S.CPAのために学歴審査を申し込んだとき、

100ドル払い過ぎだとメールで連絡があったのに、為替がまだ届いてません。

メールで問い合わせたら、「新しい為替を送ります」と言われましたよ。

=ジャスミン=

| | コメント (2)
|

「成功の9ステップ」ライブセミナー(2011年11月)

皆様おはようございます。

2011年11月24日~27日の4日間、

「成功の9ステップ」ライブセミナーに参加してきました。

写真は、セミナー終了後にとっていただいた写真。

右がジェームス・スキナーさん。

201111271915000


ジェームス・スキナーさんは、アメリカ人の経営コンサルタントで、

この方が「オール日本語」で行っているセミナーです。

・・・この時点で「わけがわからない」と、よく人から言われる。

しかも、セミナー参加のために今年は2回も長めの休暇をとっているので、

(9月に1週間、同氏の「人生の飛躍」セミナーがありました。)

会社の人からは「最近、よく遊んでいるんでしょ、聞いているよ!」

と言われましたが。



まぁ、良い。気にしない。

私の中では大事な勉強&精神修養だったのです。

でも、このセミナーは「エデュテインメント」。面白いんです。

場所は千葉の鴨川。

201111240659000


写真は朝の海。

会場の鴨川グランドホテルは、海が見える露天風呂があり、ご飯がおいしいです。

房総半島のはしっこあたり。鴨川シ―ワールドの近所です。

金沢から行くと、なぜか行きは外房線の鈍行列車への接続が早い。

201111231610000


写真は外房線へ上総一ノ宮で乗り換えるところ。



セミナーの感想。

やっぱり「実践」型のセミナーですね。他のセミナーや講演の原点。

講義が朝の9時少し前から始まって、夜の2時くらいまで毎日続きます。

以前、参加した「人生の飛躍」セミナーのほうが、演習はずっと多かった。

これからすばらしい人生を歩むための「状態」をつくることを主眼にしてます。

小手先のノウハウには重きを置いていない。

セミナーの内容は細かくお伝えはできませんので、

興味がある方はぜひご参加を。

個人的には、とてもおススメ。

「人生の飛躍」セミナーと同様に、他のセミナーなど目ではない。

当ブログで、2011年5月25日(水)に「お金の科学」の本と

「成功の9ステップ」のCDセットのことを話題にしました。

その時は、セミナーについては「おっかな・びっくり」でした。

今年中にセミナーに参加できてよかったです。



来年以降に振り返ったとき、

「今年のこのジェームス・スキナーさんとの出会いと、

2年前のネット・スクール(ネットの簿記学校)の講師の方々との出会いが

自分の人生を劇的に良い方向に変えた」と、言えるようにしたい。

いや、するぞ、と思いました。

=ジャスミン=

| | コメント (0)
|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »