« ライム&チョコレートケーキ | トップページ | レーザー脱毛のお話(その4) »

2011年7月17日 (日)

レーザー脱毛のお話(その3)

こんばんは。

本日ワタクシは、家にこもって税理士試験のお勉強。

特殊商品売買の問題をしていたのですが。

日商1級よりも難しく・・・苦労しました。


先週末から続けている、レーザー脱毛のお話の続きです。

いざ、レーザー脱毛をしようとした時。

やっぱり、怖くないですか?


私がレーザー脱毛にふみきったキッカケとなった本があります。

「キレイのきほん なりたい自分をつくるエステブック」

手塚圭子 著 大和出版


手塚圭子さんはミス日本で、すごい大学を出ていたハズ。

職業柄、エステティックサロンの話題が多くて

微妙な部分もありましたが、

脱毛のメリットを詳しく紹介していらっしゃいました。


きめ手になったのは、以下のご指摘。

(実際の本の文章はもっと洗練されています。)


「一生カミソリを買うことを思ったら、脱毛は安いものではありませんが、

お値段としては元がとれる」


「カミソリでずっと肌を痛めつづけることを思えば、

レーザー脱毛してしまった方が肌には優しい」


2000年に出たこの本を書店でみかけ、新刊で読み、

思いきることができたワタクシ。

当時のことだから電話帳をくって、外科を探して行ったのです。

201107161702003

私がはじめにしたのはワキの脱毛です。

形成外科とか美容外科の場合、通常3回か4回分がセットになっております。


ハッキリ申し上げます。

この回数では、脱毛は終わりませんね!

(その4につづく)

=ジャスミン=

|

« ライム&チョコレートケーキ | トップページ | レーザー脱毛のお話(その4) »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライム&チョコレートケーキ | トップページ | レーザー脱毛のお話(その4) »