« ライフのメモパッド | トップページ | 12年ひと昔 »

2010年9月23日 (木)

絵で見る十字軍物語

こんばんは。

今日の金沢は朝方、豪雨でした。大雨警報が出てた。

朝方は寒かったです。起きたら頭痛がしました。

でも、簿記の勉強しに外に出てたら、調子が良くなりました。

さて、今回ご紹介するのは、塩野七生さんの

「絵で見る十字軍物語」

私、「ローマ人の物語」は全巻読んじゃいました。

まだ、ガイドブックの2冊だけ読んでいないですが。

ガイドブックが出るころには簿記の勉強を始めていたので。

読みたいけれど、ガマン、ガマンです。

でも、ガマンできなくなって、読んでしまったのがコチラ。

「絵で見る十字軍物語」

小飼弾さんのブログ、404 Blog Not Found で紹介されていたので。

アマゾン・アタックしてしまいました。

西洋史好きなので、すぐに読めちゃった。

見開きに絵が1枚、そして解説という構成だから。読みやすい。

201008291253000

8月下旬に届いて、すぐに読んじゃいましたよ。

絵で見るので、そこに目がいっちゃうのですが。

イスラム側のサラディン(サラーフッディーン)がカッコイイ。

対するキリスト教側の獅子心王リチャードは、あまりカッコよくない。

「あれっ?」って感じでした。

絵が描かれたのはフランスでらしいのですが。

イスラム教徒側に、意外と公平な見方で描かれているのに驚いた。

現代の方が、ネオ・コンサバとかで、イスラムに対する目が厳しいんですかね?

ところで、この絵ですが、遠目でぼぉっと眺めると、

なんと、立体的にとび出して見えます。

スゴイです。当時の技術に感心します。

興味をもたれたら、ぜひご一読ください。

あぁ、はやく簿記の試験に合格して、「十字軍物語」のシリーズを読み始めたい。。。

=ジャスミン=

|

« ライフのメモパッド | トップページ | 12年ひと昔 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライフのメモパッド | トップページ | 12年ひと昔 »